西日3

停電の店内です。
夏にはうっとおっしい程の西日が柔らかく差し込んでいました。

会津若松の後輩に心配のメールをしたところ、以下のような返信が戻ってきました。

「なんとかやっています」
会津の年寄りが昔から”会津は災害に強い”という意味がわかりました。
こんな風にわからされたくなかったのですが…

震度6弱でこんなに被害がないのは会津だけです。
燃料不足(ガソリン、灯油)、ガス、水道問題なし。
放射線量も0.2~0.4を行ったり来たり、心配に値しない量です。
山に取り囲まれた地形に感謝です、偉大なる会津盆地。

そんな訳で会津の学校の体育館は市外からの被災者で埋め尽くされています。
先日お客様に呼びかけをして集まった物資を届けて来ました。
底冷えのする体育館に毛布にくるまって肩を寄せ合う大人たち。
オムツをしているヨチヨチ歩きの子供も多く、胸が痛みました。

今、自分たちにできることを考え、今日はこれから寸胴鍋にミネストローネスープを作って届ける予定です。

これから先、店も自分たちも福島そのものもどうなるか分かりませんが、今生かされている命を無駄にせず、最後まで頑張ります。
会津人は強いですから。



地震後にやっと通じたメールと電話で無事は確認していました。
が、まだまだ自分たちの生活のことで手一杯かと思っていました。

どうしても東京にいる人間はメディアで見られることがすべてと思い込んでしまいがちです。
同じ福島県の中でも協力し助け合っていることをお知らせしたく掲載させてもらいました。

私たちも自分たちの出来ることをしていきましょう。
私も売上の一部を募金するようなことを考えています。

でも生来の天邪鬼ゆえ、何か別の面白い方法はないかと模索もしています。
何にも浮かばなかったら素直に募金します(笑)

***
明日は祝日ですがいつも通り営業の予定ですが、計画停電が18:20~22:00となっています。

まだ実施されるか未定のため、営業予定はツイッターにてお知らせいたします。
ご不便をおかけし申し訳ありません。

スポンサーサイト
2011.03.20 Sun l 震災に関することがら。 l コメント (0) トラックバック (0) l top
シェフのサイン
La firma di Chef Fabrizio Innocenti.

みなさん、お元気ですか?体調崩されていませんか?
今日、明日は寒いです。湯たんぽとか、毛布重ねて暖かく過ごしましょう。

昨日は営業中に計画停電になりました。
LOTUSのマスター、ジュンペイさんがいてくれたので心強かったです。
…というか「ホントにいきなり暗くなるんだ~」と当たり前のことに二人で笑ってました。

***

停電や余震でお店を休もうという気には全くなりません。

お店を開けることはもう私の生活の一部になっています。

こんな時だからこそいつもの生活を送るということは大切。

でもそのためには「小さな勇気と決断」も必要なんだとわかりました。

それと「鈍感さ」(笑)

今の状況を真剣に考えすぎると誰だってストレスにやられてしまうでしょう。

「いい加減」でもいいんです、メニューが少なくても「ごめんなさい」って言えばいい。

料理だって手に入るもので工夫すればいい。案外、名物メニューになっちゃうかもしれない。

お店は開けるけど営業時間は短くなるかもしれない。閉店後に来られたら、今度サービスさせてもらおう。

…お客様によっては不満があるかもしれません。でもごめんなさい、今できることの精一杯のことはしますが無理はしません。無理に牛乳を探してスーパー周るなんてできません。(でもすぐ見つけちゃった♪)

そんなわけでOASIは細々と「OPEN」のランプも暗くなってから点けるなどして営業してます。

***
札幌弾丸ツアーでシェフに会ってきました。

元気そうでなによりでした。

料理は何年ぶりかのフルコース(前菜2品、リゾット、魚料理、肉料理、デザート)を堪能!
味もボリュームも満点でした。

久しぶりに四半世紀以上の付き合いの友人たちにも会えたし。

シェフの写真を撮り忘れたので、シェフのサインです(笑)



2011.03.17 Thu l 震災に関することがら。 l コメント (0) トラックバック (0) l top
祈り

時間が経つほどに被害の大きさが報道されます。

たまにTVを消さないと精神が不安定になりそうです。

宮城の先輩とは連絡が取れました。

断水はあるものの、電気が通じてホッとされていました。

ほとんど被害のないこの国立においてできることを探しています。

今はとにかく…自分をしっかり保たないと。


一番仲の良いイタリア人シェフが来日してフェアをやっています。

先週はお台場で…かなり揺れたでしょう。なかなか部屋に戻れなかったと聞きました。

招聘した会社は、シェフが「帰る」と言っても引き止められる理由はなかったでしょう。

でもシェフは「地震がなんだ」と言わんばかりに日本での仕事を続けることにしたのです。

明日、札幌に飛びます。

そんな彼と、そして彼の素晴らしい料理に会って元気をもらってきます。


被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

一日も早く不安が解消されますように。
ゆっくりと眠れる夜が来ますように。





2011.03.13 Sun l 震災に関することがら。 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は大変な一日でした。

母の誕生日がとんでもない忘れられない日に変わってしまいました。

OASIは何の被害もなく、昨日も17時~23時まで開けておりました。

心配して見に来てくださった方々、ありがとうございました。

イタリアからも心配するメールが届いています。

東北地方の状況が心配です。

宮城の先輩と連絡が取れません。

どうか無事でいますように。

皆様もどうか気をつけて。



2011.03.12 Sat l 震災に関することがら。 l コメント (1) トラックバック (0) l top